カフェあの世この世

「カフェあの世この世」は、死生にまつわる様々なテーマについて語り合う対話の場です。本サイトでは「カフェあの世この世」のご案内や活動報告等をお届けして参ります。

【開催案内】「カフェあの世この世」in November, 2018

皆さま、ごきげんよう。

 

秋も深まってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

   

さて、遅くなりましたが「カフェあの世この世」in November, 2018 のご案内をさせていただきます。

はじめましての方は、まずは↓コチラをご一読いただければ幸いです。

anoyokonoyo.hatenablog.jp

 

「カフェあの世この世」in November, 2018

 

日時:2018年11月24日(土)14:00-16:30  (開場13:45)

※途中退場も可能ですが、その場合でも会費は全額を申し受けます。

 

会場:都内のカフェ 

※詳細はご参加者にご案内させていただきます

 

会費:1,500円(デザート・お茶付)

※当日会場でお支払いください。

なお、遅刻、途中退場の場合でも、全額を申し受けます。

 

定員:お申し込み先着順 15名 

 

お申込み:専用フォームよりお申込みください 

★★送信完了画面に、開催場所のご案内が表示されますので、お手数ですがスクリーンショットで画面を保存いただくか印刷をお願い致します★★

docs.google.com

f:id:thousandgrass:20180503163330j:plain

「カフェあの世この世」では、世話人が予め対話のテーマ候補を2つ用意いたします。

ただし、当日にどちらのテーマについての対話を行うかは、その日のご参加者での対話を通して決定していただきます。

そして、決定したいずれかのテーマについて、グループでの対話+全体での対話を行います。

 

「カフェあの世この世」in November, 2018 のテーマ候補は、次の通りです。

 

①亡くなった方とあなたは今どんな関係ですか?

 

②自分の命に関わること(病気)の告知についてどう考えますか?

 

①亡くなった方との関係については、様々な状況や関係が想定されます。

②自分の命に関わることの告知についても、様々な場面やご意見が想定されます。

 

当日皆さまとどちらのテーマで、どのような対話ができるのか、楽しみにしております。

 

「死生についての様々なテーマについて語り合う対話の場」というと、もしかすると何やら難しい、取っつきにくい感じがするかもしれません。

でも、ご心配は無用です。

当会は、まだゆっくりとスタートしたばかりですので、ご参加者もこのような対話の場に初めて参加される方ばかりです。

そして、<初めて死生についての様々なテーマについて対話してみる>という場を、市民が主体となって創っていくことも本会の目的の一つです。

是非とも他の方のお話に耳を傾け、ご自分のことばでお話をしてみてください。

きっとそれぞれに何かを感じ取っていただけるものと思います。

 

ご参加には年齢、性別、ご経験などは一切問いません。

(※ただし、個人的なご相談・カウンセリング、グリーフケアの場ではありません。

くわえて、営利目的のご参加は固くお断りしております。)

 

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

ありがとうございます。

「カフェあの世この世」世話人会

※終了※【開催案内】「カフェあの世この世」in September, 2018

※9/7追記:お蔭様をもちまして9/23開催会は定員に達しましたので、お申し込みを締め切らせていただきました。

次回は11月下旬頃の開催を予定しております。

なお、開催のご案内とお申し込みは10月中旬~下旬頃に本サイトにアップできる見込みです。

次回以降のご参加をお待ち申し上げております。

-----------------------------------------------------------------------

皆さま、ごきげんよう

 

東京では連日の猛暑から一転、急に秋の気配を感じるようになって参りました。

とはいえ、まだまだ残暑も厳しいようですので、皆さまどうぞご自愛くださいませ。

 

さて、早速ですが「カフェあの世この世」in September, 2018 のご案内をさせていただきます。

はじめましての方は、まずは↓コチラをご一読いただければ幸いです。

anoyokonoyo.hatenablog.jp

 

あいにく7月度の開催は、台風の接近により直前に中止(延期)とさせていただきました。せっかくお申込みいただきました皆さまには、大変申し訳ございませんでした。

9月度はその振替といいますか、日程変更という位置づけで開催させていただきます。

 

「カフェあの世この世」in September, 2018

 

日時:2018年9月23日(日・祝)14:00-16:30  (開場13:45)

※途中退場も可能ですが、その場合でも会費は全額を申し受けます。

 

会場:都内のカフェ 

※詳細はご参加者にご案内させていただきます

 

会費:1,500円(デザート・お茶付)

※当日会場でお支払いください。

なお、遅刻、途中退場の場合でも、全額を申し受けます。

 

定員:お申し込み先着順 15名 満席

9/7追記:お申し込みは締め切らせていただきました。

 

 

f:id:thousandgrass:20180503163330j:plain

 「カフェあの世この世」では、世話人が予め対話のテーマ候補を2つ用意いたします。

ただし、当日にどちらのテーマについての対話を行うかは、その日のご参加者での対話を通して決定していただきます。

このテーマ決めの対話もとても面白いですよ。

そして、ご参加による対話によって決定したいずれかのテーマについて、対話を行っていきます。

 

「カフェあの世この世」in September, 2018 のテーマ候補は、次の通りです。

7月度に予定していたテーマ候補をそのまま流用させていただきます。

 

①死はタブーか?

エンディングノート

 

いずれもどちらかというと抽象度の高いテーマですが、だからこそ様々な視点、考え方、ご意見に触れる機会になることと思います。

当日皆さまとどのような対話ができるのか、とても楽しみです。

 

 

「死生についての様々なテーマについて語り合う対話の場」というと、もしかすると何やら難しい、取っつきにくい感じがするかもしれません。

でも、ご心配は無用です。

当会は、まだゆっくりとスタートしたばかりですので、ご参加者もこのような対話の場に初めて参加される方ばかりです。

そして、<初めて死生についての様々なテーマについて対話してみる>という場を、市民が主体となって創っていくことも本会の目的の一つです。

是非とも他の方のお話に耳を傾け、ご自分のことばでお話をしてみてください。

きっとそれぞれに何かを感じ取っていただけるものと思います。

 

ご参加には年齢、性別、ご経験などは一切問いません。

(※ただし、個人的なご相談・カウンセリング、グリーフケアの場ではありません。

くわえて、営利目的のご参加は固くお断りしております。)

 

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

ありがとうございます。

「カフェあの世この世」世話人

【※中止(延期)のお知らせ※】カフェあの世この世 in July(7/28 14:00-)

皆さま、ごきげんよう

 

早速ですが、

明日(7/28 14:00-)に開催予定の「カフェあの世この世 in July」ですが、

台風12号接近の予報に伴い、世話人会での話し合いの結果、

皆さまのご安全を優先させることとして、中止(=延期)することに致しました。

今回お申込みいただきました皆さまにはご迷惑をおかけしますが、

何卒ご理解のほどを宜しくお願い申し上げます。

 

なお、次回は9/23(日・祝)14:00- の開催を予定しております。

テーマも本来7/28に対話を予定しておりました

「死はタブーか?」

エンディングノート

のいずれかといたしますので、今回の延期という位置づけで開催予定です。

お申し込みは、概ね開催の1ヵ月前頃を予定しておりますので、改めて本サイトでご案内させていただきます。

 

今回の中止は誠に残念ですが、また次回以降皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

引き続きのご愛顧のほどをどうぞ宜しくお願い致します。

ありがとうございます。

 

2018年7月27日

カフェあの世この世 世話人

 

 

【ご感想】「カフェあの世この世」in May, 2018

皆さま、ごきげんよう

「カフェあの世この世」世話人の1人、千草です。

 

「カフェあの世この世」は、死にまつわる様々なテーマについて語り合う対話の場です。

初めての方は、↓コチラの記事をご一読いただければ幸いです。 

anoyokonoyo.hatenablog.jp

 

現在7/28(土)14:00-に開催予定の「カフェあの世この世」in July, 2018のご案内をさせていただいております。

ご参加を希望される場合には、↓コチラの記事にあるお申込みフォームよりお申し込みください。

7/17追記:お蔭様をもちまして定員に達しましたので、お申し込みを締め切らせていただきました。また次回以降のご参加をお待ちしております。

次回は9月中旬~下旬頃の開催を予定しております。

なお、開催のご案内とお申し込みは8月中旬~下旬頃に本サイトにアップできる見込みです。

次回以降のご参加をお待ち申し上げております。

anoyokonoyo.hatenablog.jp

 

「カフェあの世この世」は、これまで(2018年7月現在まで)に2回開催されました。

慣れない、つたない運営の中でご参加いただきました皆さまには厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

ここで5月に開催されました第2回目のご参加者より頂戴したご感想の一部をシェアさせていただきます

ご感想、ご意見をお寄せいただきましたご参加者の皆さま、誠にありがとうございました。

頂戴しました貴重なご意見は、今後に活かして参ります。

 

ちなみに「カフェあの世この世」では、世話人が当日に対話するテーマ候補を予め2つ用意します。そして当日にご参加者によるテーマ決めの対話でどちらにするかを決めます。

この時点から対話は始まっています。

このテーマ決めの対話もとても興味深く面白いです。

 

第2回目のテーマは、「弔いとは何か?」でした。(ちなみに選択されなかったテーマは、「他人の命/自分の命を左右できるのか」でした。)

当日は、弔いにまつわる供養のこと、ご先祖様や故人や家族との関係のこと、昨今のお墓事情など、多種多様な話題に及び、とても面白い対話になったものと考えております。

 

以下、ご参加者よりお寄せいただきましたご感想です。

「今まで自分の身に起こること、として考えたことがないことについて話を聞けたり、想いを馳せることができていい経験になりました。」

 

「非常に居心地の良い場所で、ワクワクしながら開始を待つことができました。 私にとっては、発想が豊かになるような場所であったと感じています。

 

「初参加でしたが、あっという間の、とても楽しい時間でした。 もっといろんな人がこういった体験をして 欲しいと思います。」

 

「対話の大切さを実感しました。言葉にせずとも考えていることを自ら気づくこともあり、またさまざまな考えを聞き、またその考えの理由なども聞くことによって知見が広がり、考え方が多角的になると思いました。単純に楽しいとも感じました。」

 

「人生のさまざまな過程を通過されている方が参加されて、 それぞれの想いを共有することで豊かな対話になった気がしました。
あたりまえのことを、率直に語れる場でした。 重いテーマなのに、自分にとってなぜか大切なこと、 なぜか心がつつまれるような感覚になりました。」

 

「内容については、とても興味深く、答えを出すわけではないけれど、課題だけでも終わらない。 何かしら自分の中に「これかな」というようなものが見えたのが、とても面白かったと思います。

今回できなかったもう一つのテーマは、ぜひ取り上げていただきたいテーマですが、 どうも2時間半では終わらないように感じました。」

 

「死に際して、自分がお世話になる方々から、 自分の死はどんな風にみえるのだろう。 患者さんを看取る看護師さん、介護士さん、 葬儀社の方、ご住職。 サラリーマンの自分にとってはほんとうに向き合うのは一生に数回。 でもそのときお世話になる方々は、ずっとたくさんの方の死に 携わっておられる。
死は、ひとりひとりのものだけれど、そのひとりは社会の中のひとり、
家族のなかのひとり、コミュニティの中のひとりでもあり…
そんなこんなで、周りの方のお話しをぜひきいてみたいです。たくさんの方で対話していますので、 発言できなかったこと、 まだ形になっていなかった想いなどもあるかと思います。
また、他の方のご発言をそれぞれの方がどう感じたのか、 そうしたことも拝見できる場があるとうれしいです。
対話を重ねていく、会(グループ)として共有財産が深まってゆく、 そんなイメージです。 」

 

「とても有意義だったと思う。いろいろな人の意見が聞けました。
どなたも意見を否定せず、耳を傾ける姿勢はとても居心地がよいと感じました。」 

f:id:thousandgrass:20180707141253j:plain

いただきましたご感想は、どれも有難いものですし、ご参加者それぞれが様々なことを感じ、考えてくださったであろうことが拝察されます。

有意義で楽しかったというご感想は勿論のこと、他者の多様な意見や考え方に耳を傾けたり、誰にも否定されずに自分の話を聴いてもらったり、 対話の大切さを感じていただいたりと、死にまつわる様々なテーマについて、対話を通じて人と人とが交わり、語り合うことの意味を感じていただけたのであれば、世話人会としても幸いです。

 

そして、こうして一見重いと思われがちで、忌避されてしまうような死にまつわる様々なテーマについて、私たち市民主体であれこれ自由に語り合うという対話を続けていくことは、やはり大切なことなのであろうと強く感じた次第です。

 

くわえて「対話を重ねていく、会(グループ)として共有財産が深まってゆく」というご感想にある通り、今後も本会で死にまつわる様々なテーマについての対話を続けていくことで、市民としての私たちがわたくしごととして、死生についての共有財産を深めていくことを大切にして参りたいと思いました。

 

今後も引き続きのご愛顧をどうぞ宜しくお願い致します。

あなたのご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

重ねてこれまでのご参加者の皆さまのご厚意に御礼申し上げます。

ありがとうございます。

 

千草

 

 

 

※終了※【開催案内】「カフェあの世この世」in July, 2018

7/17追記:お蔭様をもちまして7/28開催会は定員に達しましたので、お申し込みを締め切らせていただきました。

次回は9月中旬~下旬頃の開催を予定しております。

なお、開催のご案内とお申し込みは8月中旬~下旬頃に本サイトにアップできる見込みです。

次回以降のご参加をお待ち申し上げております。

---------------------------------------------------------------------

皆さま、ごきげんよう

「カフェあの世この世」世話人の千草です。

 

さて、早速ですが「カフェあの世この世」in July, 2018 のご案内をさせていただきます。

はじめましての方は、↓コチラをご一読いただければ幸いです。

anoyokonoyo.hatenablog.jp

  

「カフェあの世この世」in July, 2018

 

日時:2018年7月28日(土)14:00-16:30  (開場13:45)

※途中退場も可能ですが、その場合でも会費は全額を申し受けます。

 

会場:都内のカフェ 

※詳細はご参加者にご案内させていただきます

 

会費:1,500円(デザート・お茶付)

※当日会場でお支払いください。

なお、遅刻、途中退場の場合でも、全額を申し受けます。

 

定員:お申し込み先着順 15名 満席

※7/17追記: 定員に達しましたので、お申し込みを締め切らせていただきました。

 

f:id:thousandgrass:20180503163330j:plain

 「カフェあの世この世」では、世話人が予め対話のテーマ候補を2つ用意いたします。

ただし、当日にどちらのテーマについての対話を行うかは、その日のご参加者での対話を通して決定していただきます。

このテーマ決めの対話もとても面白いですよ。

そして、ご参加による対話によって決定したいずれかのテーマについて、対話を行っていきます。

 

「カフェあの世この世」in July, 2018 のテーマ候補は、次の通りです。

 

①死はタブーか?

エンディングノート

 

いずれもシンプルなテーマだけに様々なことが考えられると思います。

死にまつわる様々なテーマの多くに正しい答えはありません。

したがいまして、どうぞご自分の考えやご意見をご自身のことばで語り、他者のお話にも耳を傾けて語り合う「対話」を続けてみましょう。

そして、死にまつわる様々なテーマについて語り合う「対話」をご一緒に体験してみましょう。

 

当日どのような対話が続いていくか今はまだ分かりませんが、きっとそこから何か見えてくるものや、各々にとっての気づきがあるのではないかと思います。

どうぞお楽しみに。

 

それでは当日会場でお会いできますこと、ご一緒に対話することを楽しみにお待ち申し上げております。

 

ありがとうございます。

千草